人にこの人は頭がおかしいぞと思わせる為のコツ

①特殊なことにとにかく労力と時間をかけてみる

実現方法

とにかく大量の労力をかける。労力をかける対象は一般的でないほどよい。 一般的なこと(仕事、勉強等)に労力をかけてしまうとただの努力家になってしまう。 芸術っぽいこと(絵、音楽等)の場合も、正統派ではなくとにかく邪道なジャンルを選ぼう。 ジャンルは慎重に選ぶこと。グロ、ノイズはもはや正統派だ!
個人的にベストだと思うのは、選んだ理由がよくわからないモチーフの絵を大量に描くこと。 お寿司のゆるキャラかなにかの絵を生涯で10万枚描けばきっとみんなが認めてくれるぞ!(君の頭がおかしいことを!)
もう一つのポイントは、いわゆるセンスのある(先進的な)ものを作らないようにすること。頭がおかしい人ではなく、才能のある前衛的なアーティストになってしまう。
本当に自分が執着出来るものがあるのなら、選ぶまでもなくそれを選ぼう。

メリット
  • 本当に労力と時間をかけられるのであれば成功率が高い
  • 頭のおかしい人、という枠を超えて認められるかも(歴史に残る頭のおかしい人になれる!)
デメリット
  • 本当に労力をかけないといけないので実現が難しい
  • 人生が台無しになるかも(走馬灯が全部お寿司のゆるキャラになってしまう)
例:ヘンリー・ダーガー非現実の王国で - Wikipedia

www.youtube.com
1万5千ページ以上ある小説を書いた人。作ったものを人に見せない、というのもポイントかもしれない。死後発見されるのがベストかな?

まとめ

大抵は本当におかしいパターンだと思う。 おかしいと思われたい、という情熱があれば本当におかしい人でなくてもこの枠に入ることは可能かも。でもこの枠に入れたらもはや本当におかしい人かも。

②自分にリスクのあることをしてみる

実現方法

リスクをおかしつつ、誰にも(特に自分に)得にならない事をしよう。不幸になる可能性が高い行為であればあるほどよい。 実際に不幸になる必要は無いけれど、とんでもなく不幸になる可能性があることをするのがポイントだ。現状しあわせな人が不幸になるとなおよい。 落差は大きくあるべきだ。前科持ちの引きこもりの万引きよりも、大企業の社長による万引きのほうがリスクがでかい。 リスクの大きさと共に大切なのは、行為そのもののインパクトの大きさだ。

リスク×インパクト×無意味さ=頭のおかしさ

実際に何をするのか、慎重に選ぶ必要がある。リストカットインパクトはほとんどゼロだ! 2010年に首吊り自殺を選んだ人は約20000人いるらしいぞ!(人気な自殺方法、手段別の統計 | 自殺方法と原因や理由のサイト
演奏中にステージで脱糞する、あたりが一番コストパフォーマンスのよい選択のような気がする。一部のyoutuber、ニコニコ生放送の人たちを参考にするのもよい。
①と組み合わせて、自分にリスクのある行為に労力をたくさんかけるとなおよし。

メリット
  • リスクを犯すことに抵抗が少ない人なら、割りと手軽に行える
デメリット
  • リスクを犯す必要がある(その結果不幸になるかも!)
  • あの人は頭がおかしい、という印象が長続きしづらい
例:2chで殺人予告をする人たち

大抵の場合すぐに忘れ去られてしまうのが悩みどころ。

例:動画配信サイトで犯罪とか危険な行為の動画を放送する人たち

www.youtube.com
動画のクオリティが高すぎて純粋な②ではないかも。

まとめ

ただ頭がおかしい、と思われたいだけであれば一番手っ取り早い。行為の選択を間違えると「頭がおかしいと思われたい普通の人」だと思われてしまうので、何をするのか慎重に選ぼう。少なくともGoogleで検索して、同じようなことをしている人がどれだけいるか調査しよう。

③本当にあたまをおかしくしてみる

実現方法

薬物の力で頭をおかしくしよう。昔のロックンローラーはこのパターンが多いので参考になるはず。頭をおかしくした後は、頭をおかしくしたことを人に気づいてもらう必要がある。①か②と組み合わせよう。

メリット
  • ふりでなく本当に頭をおかしくできる
  • 正常な人には真似できない味を出せる(気がする)
デメリット
  • 功率がいまいち読めない(結局センスとか努力は必要なのか?)
  • 薬物を手に入れる方法がよくわからない
  • 健康を害す可能性がある
  • 歴代の薬中の模倣者扱いになってしまうかも(頑張ってアル中になった結果、中島らもがすきな人扱いされてしまう)
  • 犯罪者になってしまうかも
例:ジョン・フルシアンテ(薬中時代)

www.youtube.com
目がやばい!

www.youtube.com
薬中克服後は目がやばくない。

まとめ

あんまり詳しくないのでわからない。昔高円寺の駅前でへらへら笑いながら謎のタバコ(葉っぱを詰めなおした形跡のあるマイルドセブン)を配っていたおじさんがいたが、ああ頭がおかしい人だなあと思った。路上ミュージシャンに絡んで露骨に嫌な顔をされていた。サイケのミュージシャンとか薬物の力ですごい曲が出来た!みたいな話があるけど実際どうなんだろうか。

結論

①を目指して駄目だったら諦めるのがいちばんしあわせに生きられると思う。頭のおかしさをアイデンティティとして生きるなら、自分のしあわせにこだわらないほうがよい。自分のしあわせにこだわらない人は、頭がおかしい。